自動水やり・環境計測装置~センサ動作修正+Line連携テスト編~

前回:自動水やり・環境計測装置~センサ動作テスト編~

◆概要

  ・センサ動作修正:前回のプログラムでは湿度が計測できていなかったので修正。
  ・Line連携:センサー取得値及び水やり動作の実行有無をLineに送信。

◆プログラム

  ・ArduinoIDEを使用。
  ・湿度計測の修正

   前回はBME280で湿度を計測しようとしていましたが、コードを見直してもなぜ計測出来ていないのか分かりませんでした。そこで、ENVセンサーにBME280と共に取り付けられているDHT12を使用することにしました。 参考:公式example

  ・Lineとの連携

   こちらのサイトを参考にしました。

     →こちらに移動しました。

・プログラム詳細

こちらを使用しました。

詳細の解説は→こちら

使用するWifiのSSID,passwordとIFTTTのEventName,keyをconfig.hに入力して使用してください。

◆動作結果

・シリアルモニタ

下図の赤矢印の列の表示が出ていれば、Line送信成功です。

・ライン画面

通知が設定通り来ました。

◆つまづいた点

・Line送信する{value1~3}の設定の際に、”do not”のようなスペースを入れた形で作るとURLが切れてしまうためエラーが発生する。本プログラムの様に、アンダーバー等を使用すると良い。

◆今後
  ・Wifi経由でのCloudへのデータ送信
  ・Earthセンサーとポンプの購入
  ・盆栽の購入

2件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です